1. HOME
  2. ブログ
  3. Boat Race
  4. ボートレースクラシック 優勝戦の予想です

ボートレースクラシック 優勝戦の予想です


 今週は月曜日が祝日で、優勝戦が月曜日に組まれていた関係で、初日が水曜日だったんですよね。ボートレースの大きなレース、SG競走やプレミアム G1競走は、売り上げアップを図る為か、日曜日に優勝戦を持ってくることが多いので、初日が火曜日ということが多いんですよね。何が書きたいかというと、ボートレースクラシックの初日が火曜日じゃなかったので、スコーンと忘れていてドリームレースの予想をアップすることができなかったんですよね。でも優勝戦は予想を載せておきます。




  ボートレースクラシック優勝戦
◎1号艇:遠藤エミ
〇5号艇:中島孝平
△3号艇:毒島誠
 
 私は準優勝戦は見ていないのですが、SNSの投稿を見ていると、遠藤エミ選手が勝った準優勝戦は、全艇がスロー発進だったようで、接戦を制したという感じではなかったそうですが、それでも 1号艇で優勝戦に臨めるのですから、女性レーサー初の SG競走優勝も可能性としては高そうですよね。




 私は、中央競馬ならともかく、舟券は単勝や複勝を買うことは、まずないのですが、前日のインターネット発売の締切少し前のオッズを見ると単勝も複勝も遠藤選手が 1.0倍ですね。女性選手で SG競走の準優勝戦まで進んだ選手は何人かいるようですが、そこを勝ち上がって優勝戦まで進んだ女性選手は、私の記憶の限りでは、もう 10年近く前の横西奏恵選手以来なのではないかと思います。




 もっとも、今回のレースでも初日をスコーンと忘れていてドリームレースの予想をアップできていないように、ボートレースの思い入れが弱いので、私が知らないだけで SG競走で優勝戦まで進んだ女性レーサーがいたかもしれませんが…。
 
 準優勝戦を見ずに予想しているので、そこまで人気薄ではないでしょうが、5号艇の中島選手を対抗にしました。少しは高配当を狙わないとね。まぁ、1号艇が 4着以下に敗れる危険性も高そうですが…。遠藤選手が勝ったら、オリンピックやパラリンピックで金メダルを獲得した選手のように、ボートレースのニュースとして大きく取り上げられるでしょうね。
 

記事一覧

藤島 士半

酒とギャンブルに溺れる、関西にひっそりと生息する 50代のおっさんです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

あなたは、のべ人目の、素敵な訪問者です。
 このカウンターは、当サイトの藤彩の訪問者だけではなく、管理人である私が運営しているえぬほめ等の他サイトや、関連ブログで共用しているカウンターです。  そのため、カウンターの数字は、このサイト、藤彩以外の訪問者も含めた数となっております。